コミコンに行ってきましたー!!その1の巻

Twitterの方でも散々書きましたが、改めまして

コミコン、並びにアメリカに行ってきたコトを書こうと思います。

写真 1

ずーっとココを見て下さっている方は、僕がコミコンに行きたい!と

連呼していたコトをご存知かと思いますが、遂に実現しましたよ!!

一応、ULTRAMANの英語版発売のイベントとしてお仕事で行ったのですが、

結局のところ、コミコンを楽しむだけ楽しんできた結果になりました。

(もちろん、ちゃんとお仕事もしましたよ!!)

写真 4

 

—–って、勝手に話を進めていますが、コミコンって何?という方の為に

簡単な説明をば。

コミコンとは、前夜祭も含め5日間開催される

米国最大のコミックコンベンションです!!

乱暴に言うと、コミックと謳ってはおりますが、映画やゲームやフィギュアやTOY等、

大凡、僕らが好きなモノ全般を扱った夢のイベントなのです!!

ニューヨークでも開催されますが、コミコンと言えば大概はサンディエゴで開催される方を指します。

(少なくともボクは)

写真 3

今後公開される映画の発表や、監督やキャストによるパネル(プレゼンみたいなモノ)が行われたり、

新作の予告編がお披露目になったり、サイン会やってたり、

大好きな作家さんがフラ〜っと歩いてたり、

休憩にホテルに戻ってテラスで休んでたら隣にクリスチャン・スレーターが座ったり、

会場に戻ろうとしたらカーク船長がエスカレーターで降りてきたりと、

もうパニック!!な状況が当たり前なイベントなワケです。

 

しかも、今年はスターウォーズの新作が公開されるので、

メインキャストが来たりでそりゃもう凄い盛り上がりでしたよ。

(他にも『バットマン V スーパーマン』や『スーサイド・スクワッド』や

『デッドプール』のメインキャストやヒュー・ジャックマンも!!)

 

余談ですが、会期中はサンディエゴの街もコミコン一色になり、

パブだろうがレストランだろうがコミコン一色。

ホテルの従業員の方々も軽いコスプレしてるかアメコミのTシャツを着てるんですよ。

アメリカ、完全に狂ってますね。(褒め言葉)

 

そんなワケでして、サンディエゴに到着したワケですが、ホテルに荷物を置いて、

事前リサーチしていた町のコミックショップに速攻で向かいましたよ。

本場のコミックショップはやはり凄かった・・・・。

何が凄いって、当たり前ですが日本未発売の商品が山のように売ってるんです。

 

そこでしこたま買い物をしていて、ひとつ判ったコトがあります。

一部のアメリカのトイやフィギュアは正規輸入されており、

日本でも購入するコトが可能ですが、値段は現地とほとんど変わらないんです!!

ボクね、正直言いますと、正規輸入商品といえど、

やっぱり輸送費やらかかってるから多少は高くなってると思ってたんですよ。

例えば、日本で3000円で売ってるフィギュアなら、現地で1980円ぐらいかなって。

 

でも、本当にほとんど変わらない。

(POP!でいうと100円ぐらい安いだけです)

まぁ、レートにもよるんですけどね。

 

コミックショップでしこたま買い物をして、その荷物をホテルに置いて、

いよいよコミコン前夜祭に挑んだワケですよ。

前夜祭では特にお仕事の予定も無かったので、完全に買い物ですよ。

コミックショップでしこたま買い物をしておいて、

すぐさまコミコン前夜祭でも買い物しまくったのです。

同行していた編集長や担当氏、ビズメディアの担当者の方々がドン引きするぐらい買いましたよ。

写真 2

 

そんな感じでこの続きはまた次回。