コミコンに行ってきましたー!!  その2の巻

はい、第2回です。
コミコン前日にも関わらず、しこたま買い物をしたボクらですが、
それはコミコン初日を迎えても、やはり変わりませんでした。
開場直後、下口が一人でハズブロブースに向かい、勝手に並び出すという、
まさかの暴挙に出ましたが、約1時間後、なに食わぬ顔して
戦利品を携え無事に帰ってきました。
曰く「新作のストームトルーパーがどうしても欲しかった」と
満足そうな顔で言い訳をしておりました。
(ボクもその恩恵に肖り、買ってきてもらいましたけどね!)

001

そんな下口の『初めてのお買い物(アメリカ編)』の話を聞かされたり、
なんやかんやしてるうちにサイン会の時間になりました。
正直、ここでテンションだだ下がりですよ・・・・。
だってね、アメリカですよ? コミコンですよ?
誰もボクらのコトなんて知ってるワケないんですよ?
だから『絶対誰も来ないよ・・・・来るワケないよッ!!』と思ってたんです。
しかしですよ! ドアを開けたらたくさんのお客さんが並んでるんです!!
あの瞬間、本当に泣きそうになりました。
思わず心の中で静かに、だが力強く『USA・・・』と呟きました。
特に意味はありませんけどね。

002
そんなありがたいサイン会を無事に終え、夕飯は美味しいシーフードの
お店に連れて行ってもらい、お腹いっぱいでホテルに戻りーーーーーーー
また会場へ向かう。
買い物再開ってなモンですよ!
コミコンって結構遅くまでやってるんですね!

さあ、二日目です。
この日は午前と午後でサイン会があったり、間にプレスインタビューがあったり、
そしてパネルがあったりと、かなりハードなスケジュールでした。
なので『買い物→サイン会→昼食→買い物→インタビュー→パネル→
買い物→サイン会→買い物』のローテーションで挑みました。
そして、ありがたいコトに用意した単行本が二日目で完売しましたよー!
(フィギュア付き特装版は初日でほぼ完売しまして、本当にありがたい話ですよぉ)
本来は完売させちゃダメだったんですけど、手違いで全部販売しちゃったみたいです。
と言いますのも、コミコンはライブとかと同じで、
チケットが取れた人しか来れないんです。
だから開催期間中、誰もが購入できるチャンスがあるようにと、
基本、商品は四日分に分けて販売するんですね。
(と言っても、人気メーカーさんだと開場1時間とかでその日の分は
売り切れちゃいますが)
あ、生意気にもパネルなんてやらせて頂きましたが、
実のところ緊張していてほとんど覚えてません。

003

そして三日目。
この日が僕らとしてのコミコン最終日でした。(四日目はキッズデイなので)
最終日も午前、午後とサイン会があったのですが、如何せんサイン会をしようにも、
単行本がもう無いので、急遽、配布していたチラシにさせて頂きました。
サイン会後、駄目押しの会場探索。最後の最後で欲しかったフィギュアを見つけ、
大満足でサンディエゴを後にし、LAへ向かいます。

004

翌日は完全にLA観光です。
一発目はワーナースタジオ見学。これはHP等から事前予約しておけば
誰でも行ける見学ツアーなんですが、2時間ぐらいかけてスタジオを案内してくれて、
かなり見応えありでオススメです。
実際に撮影で使われたバットマンやハリーポッターの衣装やプロップが直に見れたり
(ガラスケース等に入れてあったりもせず、基本そのままボンと置いてあります)
本物の歴代バットモービルやバットポッドが普通に見られます。つーか、触れます。
(触っちゃダメだけど)

005_1

005_2

005_3

005_4

005_5

005_6

005_7

僕はハーマイオニーちゃんの衣装の匂いを嗅いでみましたが、
残念ながら衣服の匂いしかしませんでした。

005_8

そして、運良く撮影をしていなければ、放映中のドラマのスタジオに入らせてもらえます。
なんとこの日は運良く、ビッグバンセオリーの撮影をしていなかったのと、
ツアー開始直後からビッグバンセオリー好きをアピールしていた為、
本当に運良くビッグバンセオリーのスタジオに
入れてもらえて大感動でしたよ。
だって、大好きなビッグバンセオリーのスタジオを見るのを目的に
ダメ元で行ったんだったんですもの!!
(撮影をしていなくても、目的のスタジオに入れてもらえるかどうかは
案内してくれるお兄ちゃんの気分次第らしいです)
一緒にツアーを周った『フレンズ』好きをアピールしていたオーストラリアから来た
姉妹のお姉ちゃんたちはすげぇ不満そうでしたが。
ツアーが終わったら、ギフトショップでお買い物です。
勿論、ビッグバンセオリーのグッズをしこたま買いましたよ。
しこたま買い過ぎて、間違えてレディースのTシャツまで買ってましたよ。

ワーナースタジオで物欲に火がついた僕らは、
そのテンションのまま町のコミックショップに向かいます。

009

そこで箱が日に焼け、売れ残ってる感満載の日本未発売のPOP!を買い漁り、
店長のおじさんに『メジャーなフィギュアが欲しいなら、ウチなんかじゃなくて、
トイザらスやターゲットに行くか、ユニバーサルスタジオに行きな』との助言を頂き、
言われた通りフィギュアを探す為だけにユニバーサルスタジオに向かいました。
(そこから一番近かったので)

010
勿論、パークには入りません。目的は隣接しているショッピングモールのみ。
(USJの駅からパーク入り口まで続く、あの感じを長大にした感じです)
そこで目的のフィギュア(主にアドベンチャータイム)を見つけ、しこたま買い物をして
いよいよチャイニーズシアターに向かいます。

011

まぁチャイニーズシアターは特に書くコトはありません。
よくテレビなんかで見る感じのままですし、とにかく人がいっぱいだし。
とは言いつつも、感動しましたけどね。
個人的に子供のころから行ってみたいと思っていた場所でしたので。
そんな感じで一通り観光を終え、夜は数々の映画が撮影された
ダウンタウンを案内してもらったりと、全身でLAを満喫してきました。

そんなこんなで、無事に仕事(買い物)を終え日本へ帰って参りました。
初めてのアメリカ、初めてのコミコンと、最高すぎるほど良い経験をさせて頂き、
お世話になったビズメディア様には本当に感謝感謝でございます!!
もうね、一度コミコンのあの雰囲気や熱(買い物)を味わってしまうと、
毎年行きたくなっちゃいますね。
よし! また呼んで頂けるよう、一所懸命に漫画描くぞー!!
それか、誰か連れてって。

さて、最後にひとつ。
ここを見ている方で、今後もしコミコンに行きたいなぁと思われる
喫煙者の方がおりましたらお知らせです。

ご存知の方も多いかと思いますが、カリフォルニア州は屋内全面禁煙ですので、
お覚悟くださいませ。
もちろん、ホテルの部屋も全て禁煙室しかありません。
その変わり、外ではいくら吸っても構わないので、いたるところに
灰皿や喫煙スペースが設けてあります。
(え?また??って思うぐらいの等間隔で灰皿が置いてあったり)
コミコン会場も外に出れば至る所に灰皿があり、みなさんプカプカ吸っております。
非喫煙者の人が横にいても、特に嫌がったり迷惑がったりしないので、
いきなり英語で怒られたりする心配もありません。
ただし、高い頻度でタバコを集られます。

012